アニメな日本史
勃興期
1946(昭和21)年〜1962(昭和37)年

戦後、占領政策にアニメを利用しようとしたGHQの思惑もあり百人近いアニメーターが集結され、「新日本動画社が設立された。同社では政岡憲三を中心に昭和二十一(一九四六)年、『桜(未公開)』や『すて猫トラちゃん』(右写真)などが制作されたが、個性の強い作家集団だったため統率がとれず解散。その後、離合集散が繰り返されることになる

まず、山本早苗や政岡憲三、村田安司らにより昭和二十二(一九四七)年「日本漫画映画社」が設立されるが、翌昭和二(一九四八)年は山本と政岡が抜け出て独立。残った村田は瀬尾光世を呼び寄せて『王様のしっぽ』を制作するが、内容的に配給会社から問題視されて公開ができず、その結果、経営が行き詰まり倒産。瀬尾はアニメから足を洗い瀬尾太郎というペンネームで童画の仕事に専念することになる。

山本と政岡は藪下泰司とともに「日本動画を設立(一九五二)年には日動映画と改め、昭和三十(一九五五)年に東映から委託を受けた『うかれバイオリン』の制作を機に東映の傘下に入り、昭和三(一九五六)年に東洋のディズニーを目指して東映動画が設立した。冷暖房完備の三階建ての白亜のスタジオは当時のマスコミから「夢の工場」と報じられた。

東映動画は昭和三十二(一九五七)、森康二が絵コンテと原画チーフを務め十三分の短編アニメ『こねこのらくがき』を制作した。短編アニメとしては日本アニメ史上、最高傑作の部類に入る作品である。そして昭和三一九五八年、私の生まれた年に東映動画は日本初の長編カラーアニメ『白蛇伝』(右写真)を制作し、日本のアニメ史に大きな展開をもたらした。演出は藪下泰司、メインアニメーターは、ともに政岡憲三に薫陶を受けた大工原章と森康二である。

当時スタジオに在籍していた作画スタッフ四十二人のほとんどが入社一年未満の新人ばかりだったので、大工原と森の両氏がほとんどの原画を描くことになった。大胆なアクションを得意とする大工原と繊細なアクションとかわいい動物を得意とする森の個性が見事に融合して、今もって傑作といわれる記念碑的作品が完成したのである。

ちなみに『白蛇伝』ではまだタップは使用されておらず、動画用紙の角を合わせて動画のずれを防ぐ「角合わせ」という手法が使われていた。

昭和三十四(一九五九)年には『少年猿飛佐助』、その翌年には『西遊記』(左写真)を制作し東映動画は日本を代表するアニメ会社として確固たる体勢を築きあげていった。

この『西遊記』には当時すでに漫画家として絶大な人気を得ていた手塚治虫が制作協力で参加している。

外部から漫画家が参入することに対して、現場のスタッフはアニメの専門家としてのプライド故に、かなりの抵抗があったようだ。手塚はけっして歓迎された訳ではなかったのだ。ちなみに手塚の助手だった我が恩師、月岡貞夫はアニメが性に合ったためそのまま東映動画に残り、長編の原画や初のテレビシリーズの立ち上げに多大なる貢献をすることになる。

いずれにしても手塚はここで本格的なアニメ作りのノウハウを学び、昭和三十六(一九六一)年に手塚治虫プロダクションを設立した。アニメスタジオの設立はディズニーを心の師としていた手塚にとっては大きな夢だったのである。昭和三十七(一九六二)年、第一作目の実験的アニメーション『ある街角の物語』を公開し、社名も虫プロダクションに改名した。

次へ