アニメなメッセージ
100人の地球人に思う

 「百人の地球人」という、世界の人口を百人だと想定して書かれたエッセイにインターネットで出会った。これはとても教訓に満ちている。

先ずは読んでほしい。

 

【百人の地球人】

もし、現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、全世界を百人の村に縮小するとどうなるでしょう。

その村には・・・

 五十七人のアジア人

 二十一人のヨーロッパ人

 十四人の南北アメリカ人

 八人のアフリカ人がいます

 五十二人が女性です

 四十八人が男性です 

 七十人が有色人種で

 三十人が白人

 七十人がキリスト教以外の人で

 三十人がキリスト教

 八十九人が異性愛者で

 十一人が同性愛者

 六人が全世界の富の59%を所有し、その六人ともがアメリカ国籍

 八十人は標準以下の居住環境に住み

 七十人は文字が読めません

 五十人は栄養失調に苦しみ

 一人が瀕死の状態にあり

 一人はいま、生まれようとしています

 一人は(そうたった一人)は大学の教育を受け、そしてたった一人だけがコンピュータを所有しています。

 

もしこのように、縮小された全体図から私達の世界を見るなら、相手をあるがままに受け入れること、自分と違う人を理解すること、そして、そういう事実を知るための教育がいかに必要かは火をみるよりあきらかです。

また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。

もし、あなたが今朝、目が覚めた時、病気でなく健康だなと感じることができたなら……あなたは今生き残ることのできないであろう百万人の人達より恵まれています。

もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や苦悩、あるいは飢えの悲痛を一度も体験したことがないのなら・・・あなたは世界の億人の人達より恵まれています。

もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことができるなら・・・あなたは世界の三十億人の人達より恵まれています。

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、寝る場所があるのなら……あなたは世界の七十五%の人達より裕福で恵まれています。

もし銀行に預金があり、お財布にお金があり、家のどこかに小銭が入った入れ物があるなら……あなたはこの世界の中でもっとも裕福な上位8%のうちの一人です。

もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら……それはとても稀なことです。

もしこのメッセージを読むことができるなら、あなたはこの瞬間二倍の祝福をうけるでしょう。

なぜならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいてその上あなたはまったく文字の読めない世界中の二十億の人々よりずっと恵まれているからです。

昔の人がこう言いました。

わが身から出るものはいずれ我が身に戻り来る、と。

お金に執着することなく、喜んで働きましょう。

かつて一度も傷ついたことがないかのごとく、人を愛しましょう。

誰もみていないかのごとく自由に踊りましょう。

誰も聞いていないかのごとくのびやかに歌いましょう。

あたかもここが地上の天国であるかのように生きていきましょう。

以上

 

 いかがだろうか。

 世界には生きるということだけで精一杯の人たちがたくさんいる。例えば、難民と呼ばれる人たちは何の罪もないのに、家を失い、家族を亡くし、あるいは逮捕され、拷問を受けている。彼等は自分の国によって保護されることを期待できない。なにしろ多くの場合、彼等に危害を加えている張本人が彼等自身の国の政府なのだから。だから彼等は国境を越えなければならない。

しかし、彼等が逃げ込んだ国が彼等を保護してくれなければ、彼等に未来はないのだ。

 また、世界では毎日、二万四千人が餓死し、八億人の生命が飢餓にさらされ、そのうち三億人は児童だそうだ。これらの数字を数字として読み流さないでほしい。二万四千人の餓死者には二万四千の無念と涙、そして苦しみのドラマがあるのだ。

 日々、戦禍に曝されている国で、ある少女がこう語った。「もし大人になれたら、学校の先生になりたいです」と。「大人になったら」ではなく「大人になれたら」なのだ。

 いかに私たちが恵まれているかを再認識しよう。私たちは命を脅かされることもなく、屋根のあるところで寝起きできる。勉学も義務教育として学校に通うことができ、希望すればそれ以上の教育を受ける事もできる。

そしてアニメーターはもちろん、学校の先生やパイロット、警察官や八百屋さん等、なりたい職業を目指すこともできるのである。

 平和な国、日本で生まれ育った私たちには、それがいかに恵まれたことなのかを意識することは難しいかもしれない。しかし、世界的に見ればまさに特典中の特典とも言うべき恵まれた境遇なのだ。

 私たちは無念に死んでいく多くの子供達、そして若者達の分まで一生懸命に生き、クリエーターの立場で世界の平和を願い、仕事を通して世の中を潤し、人々を癒し、社会に奉仕していくべきなのではないだろうか。

目次へ